当サイトでは、お使いのブラウザのサポートに制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxのいずれかに切り替えることをお勧めします。

15,000円(税込)以上のお買い上げで送料無料|ご利用ガイド

〈Battenwear〉Field Cap / Navy Corduroy
〈Battenwear〉Field Cap / Navy Corduroy
〈Battenwear〉Field Cap / Navy Corduroy
〈Battenwear〉Field Cap / Navy Corduroy
〈Battenwear〉Field Cap / Navy Corduroy

〈Battenwear〉Field Cap / Navy Corduroy

¥8,030 (税込)

 

about Battenwear:

2011年にニューヨーク・マンハッタンのガーメントディストリクトで、デザイナーの長谷川晋也氏が設立した Battenwear (バテンウェア)

“上質なヴィンテージスポーツウェア”、“機能性豊かなアウトドアウェア”、“スタイリッシュな日常着”をコセンプトに掲げ、アウトドアと街のライフスタイルや、旅する人々のニーズを満たす“機能性とファッション“に着目したコレクションを毎シーズン展開しています。

製品は長谷川氏が10代の頃に影響を受けたアメリカ製のスポーツウェアやアウトドアウェアを目指してつくられ、メイドインU.S.A.のモデルを中心に、日本のハイテク素材を取り入れた日本製、スウェットはカナダ製にこだわり生産されています。現在は拠点をカリフォルニア州トパンガに移し、LAとNYの会社を行き来しながら土地の環境に合わせたモノづくりを楽しみ追求しています。

 

デザイナー 長谷川晋也 / SHINYA HASEGAWA

1972年生まれ 東京都出身

 Made in USAにこだわった実用的かつ良質の日常着ブランドであるBattenwear(バテンウェア)のデザイナー兼、創業者である長谷川晋也は、30歳でアメリカニューヨークに渡り、FIT(ファッション工科大学)で学位を取得後、What Comes Around Goes Around(ヴィンテージ洋服屋)に勤務した。その後、ENGINEERED GARMENTSWoolrich Woolen Millsプロジェクトに参加し、デザイナー鈴木大器とマーク・マクナイリーの下、デザインを学ぶ機会を得たことが、2011年同社を退社し自身のブランドBattenwearの立ち上げへとつながった。ブランド名Battenは、いつも支えてくれている妻の旧姓からつけたという。ブランド立ち上げのきっかけは、趣味のサーフィンの時に自分で着るウェアを作りたかったから。そのため、アウトドア要素を取り入れたアイテムが多い。高校生の時、フランシス・フォード・コッポラの映画「アウトサイダー」へ憧れ、ちょうどアメカジ、渋カジブームとも重なり、アメリカの洋服や古着へ興味を持つようになった。それがルーツと言えよう。長谷川晋也のデザインには、60年代後半から80年代のアメリカンスタイルの面影も窺える。

[Text: GQ JAPAN]

 

 

製品説明:

日常使いに最適な、やや太めの畝の太さが特徴の8ウェールコーデュロイ生地を使用した6パネルのコーデュロイキャップ。フロントに〈Battenwear〉ロゴの刺繍。サイズはストラップで調節可能です

 

 

ディテール/特徴:
・6パネル
・ミッドプロファイル(深くもなく浅くもないフィット感)
・アンストラクチャードシルエット(
クラウン(額)部分芯なし)
・フロントにBattenwearロゴの刺繍入り
・背面にナイロンウェビングのアジャスタブルストラップ付き(ロゴラベル仕上げ)

  

品質:
コットン100%

 

MADE IN USA


サイズ:
つばの長さ7cm

[サイズの測り方]
カラー