当サイトでは、お使いのブラウザのサポートに制限があります。Edge、Chrome、Safari、Firefoxのいずれかに切り替えることをお勧めします。

FINAL SALE 開催中|詳しくはこちら

〈Battenwear〉Camp Crusher / Navy
〈Battenwear〉Camp Crusher / Navy
〈Battenwear〉Camp Crusher / Navy
〈Battenwear〉Camp Crusher / Navy
〈Battenwear〉Camp Crusher / Navy
〈Battenwear〉Camp Crusher / Navy
〈Battenwear〉Camp Crusher / Navy

〈Battenwear〉Camp Crusher / Navy

¥9,680 (税込)

 

撥水/速乾機能素材。フィット感も調節できる〈バテンウェア〉のナイロンハット

 

水に濡れてもすぐに乾く、撥水/速乾機能素材のタスランナイロンを使用した〈バテンウェア〉のナイロンハット。タスランは綿のような柔らかさが特徴で、細かいシボがあるため暑い日にも適しています。

調節可能なナイロンコードでしっかりとサイズ感を固定でき、簡単に折りたたんでポケットに入れることもできます。

Battenwearのクルーが休暇で川沿いの小屋に滞在し、カヤックを漕いだり、釣りをしたり、水辺で遊んだり、長い素敵な一日を過ごした後に思いついた理想のハットです。

 

 

ディテール/特徴:
・ナイロンコードとプラスチックストッパーでサイズ調整が可能
・折り曲げ可能/潰し可能なフォームバイザー
撥水/速乾機能のあるタスランナイロンを使用

 

素材:
ナイロン 100%
Water-Repellent Taslan Nylon

 

Made in USA

 

サイズ:
FREE / One Size Fits All
頭周り: 約61cm (スウェットバンドはゴム仕様で収縮性あり)

 

シーズン:
Spring/Summer 2023

 

 

about Battenwear:

2011年にニューヨーク・マンハッタンのガーメントディストリクトで、デザイナーの長谷川晋也氏が設立したバテンウェア〉。「上質なヴィンテージスポーツウェア」「機能性豊かなアウトドアウェア」「スタイリッシュな日常着」をコセンプトに掲げ、アウトドアと街のライフスタイルや、旅する人々のニーズを満たす機能性とファッションに着目したコレクションを毎シーズン展開しています。

製品は長谷川氏が10代の頃に影響を受けたアメリカ製のスポーツウェアやアウトドアウェアからインスピレーションを得て作られ、メイドインUSAのモデルを中心に、日本のハイテク素材を取り入れた日本製、スウェットはカナダ製にこだわり生産されています。

2017年にはカリフォルニア州トパンガキャニオンに移転、デザインスタジオをオープン。2022年秋冬コレクションで創業10周年を迎えました。


デザイナー 長谷川晋也 / SHINYA HASEGAWA

1972年生まれ 東京都出身

 Made in USAにこだわった実用的かつ良質の日常着ブランドであるBattenwear(バテンウェア)のデザイナー兼、創業者である長谷川晋也は、30歳でアメリカニューヨークに渡り、FIT(ファッション工科大学)で学位を取得後、What Comes Around Goes Around(ヴィンテージ洋服屋)に勤務した。その後、ENGINEERED GARMENTSWoolrich Woolen Millsプロジェクトに参加し、デザイナー鈴木大器とマーク・マクナイリーの下、デザインを学ぶ機会を得たことが、2011年同社を退社し自身のブランドBattenwearの立ち上げへとつながった。ブランド名Battenは、いつも支えてくれている妻の旧姓からつけたという。ブランド立ち上げのきっかけは、趣味のサーフィンの時に自分で着るウェアを作りたかったから。そのため、アウトドア要素を取り入れたアイテムが多い。高校生の時、フランシス・フォード・コッポラの映画「アウトサイダー」へ憧れ、ちょうどアメカジ、渋カジブームとも重なり、アメリカの洋服や古着へ興味を持つようになった。それがルーツと言えよう。長谷川晋也のデザインには、60年代後半から80年代のアメリカンスタイルの面影も窺える。[Text: GQ JAPAN]

 

 

[サイズの測り方]
カラー